[電話占い音羽] 霊能者紹介

西峯(にしみね)霊能者


予約ID:
0810

鑑定料金:
20分 5,000円+税/以降1分毎 250円+税

霊能術

霊能力・霊感・霊視・透視・霊質改善・守護霊・波動修正・癒し波動

得意分野

恋愛全般:
相手の気持ちや性格、そして今後の出来事をハッキリと言い当てます。
仕事相談:
適職診断を行ない、貴女の才能が輝ける場所へと導きます。
復縁:
一度切れた縁を再度結び直し、望む相手との復活愛を叶えます。

相談可能

結婚・不倫・復活愛・復縁・年齢差恋愛・家族・夫婦・仕事・転職・天職・健康・開運・人間関係・前世・守護霊

霊能者紹介

電話占い音羽の中でも五本の指に入るほどの、人気と実力を兼ね備えた西峯霊能者です。貴女が今、一番しなければならないことから、問題解決のために必要な鍵のことまで、瞬時に見えるほどの霊能力を常に見せてくれます。根本的な状況の改善から、本当の縁の存在とそれに出逢う時期と場所、相手の詳細まで、疑問質問すべて答えてもらえます。

お客様の声

奥さんと5年前に死別している彼とお付き合いするようになり、もう1年が経ちます。彼は私より8歳年上。とても優しくて、いずれは彼との結婚も考えているのですが、どうしても気になることが。彼は私と逢っている時でも、しょっちゅう遠くを見ているような目をしています。最初は気にならなかったのですが、そのうち私ではなく奥さんを見ているのでは…と思うようになってしまったのです。というのも、彼はいまだに奥さんのことを私に話すのです。それがだんだん辛くなってきてしまいました。もしこのまま結婚することになったとしても、彼がずっと奥さんのことを愛し続けているとしたら辛いです。彼の本心を知りたい…と強く思うようになりました。そんな時、電話占い音羽のことを知りました。「この電話占いなら私の悩みを解決してくれる」と感じ、相談してみることにしたのです。
西峯霊能者はどんなことでも霊感や霊視で見通せるというので、さっそく彼の本心を見てもらうことにしました。「確かに、彼の心の中に亡くなった奥さんへの想いが強く残っているのは確かです。でもそれは貴女が思っているようなものではありません。彼が抱いているのは奥さんに対する未練のようなものではなく、申し訳ないという気持ち。彼は何よりも仕事を優先し、奥さんのことはほとんどかまっていませんでした。そのため奥さんはアルコールに溺れ、心を病んでしまったのです。結局、お酒が原因で奥さんは亡くなってしまいました。今、貴女と幸せにしていると、ふと何もしてやらなかった奥さんのことが思い浮かんでくるのでしょう。そのたびに申し訳ない気持ちになっているのです。そんな後ろめたさを打ち消すため、奥さんのことをいろいろ話してしまうのです」と言われました。
そこで西峯霊能者は彼の波動を修正し、奥さんに対する後ろめたさ、申し訳ないと思う気持ちを和らげてくださることに。「波動を修正すれば、奥さんに対する思いも薄らぐことでしょう。そうすれば貴女との幸せを素直に受け入れるようになります。もう貴女が嫌な気持ちになるようなことはありません」とハッキリと言われました。
西峯霊能者に波動修正をしてもらってからというもの、彼が遠くを見るような素振りをすることはなくなりました。それに奥さんの話をすることも。何より、彼の笑顔が増えました。おかげで心の底から幸せを感じることができるようなりました。西峯霊能者、ありがとうございます。
【山下さん 32歳 会社員 岡山県岡山市】

ありがとうございます。西峯霊能者と出会えたことで、彼との復縁が叶ったようなものです。お礼を言わせてください。なにしろ電話する前は、彼の名前すら知らない西峯霊能者が、彼の本心を読んだり私と彼の過去を見たり、そんなことできるはずないと思っていました。でも彼の口癖に始まり、就いている仕事や顔のホクロの位置まで霊視で言い当てたときはもうビックリ。さらには「彼には貴女から少しでも早く謝りなさい。彼は浮気などしていませんよ。貴女の早とちりですから」と、相談内容を話す前にすべて霊視でお見通しだったようです。そして西峯霊能者はその霊能力で、私の心をもっと強くして、彼を信じられるようにしてくれました。同じように彼の心も、私からの謝罪を受け入れてくれるよう、再縁結びをしてくれました。鑑定後、彼の家に行きました。あれだけ私のことを怒っていた彼が、一変して穏やかな態度で私を迎えてくれました。そして無事に彼と復縁成功。これも西峯霊能者の言った通りにしたら、彼もその場でやり直すことを受け入れたのです。その日から、また恋人同士に戻れました。
【上野さん 28歳 OL 京都府京都市】


<<霊能者一覧に戻る

鑑定依頼・お問い合わせ
-
鑑定中でも通話料無料!!
0120-94-0507
(午前9時〜翌午前5時)
-

[0]トップページ
▲ページ先頭へ
(C)1998音羽